営業 未経験

営業職は、利益を追求している民間企業にとって必要不可欠な存在であり、
より多くの契約を取ってこられる人材であれば、他の職種より高額の報酬が期待できます。
未経験だけど営業職として働きたい人には、営業についての基礎知識も学べる転職サイトがおすすめです。

 

求人数が多い営業職なので、未経験でも営業職へ転職できるチャンスは十分です。
ただ営業と言っても会社や業界で仕事内容は異なる可能性があります。
だからこそ、自分がやりたい仕事ができる職場を選ぶ必要があり、
まずはじっくりと営業の仕事と、採用されたら具体的にどのような役回りが求められるのかを理解しておきましょう。

 

営業の仕事は、最終的な購入者である消費者とそのまま接する業界と、他の企業に売り込んで新たな契約を締結する業界の2つに大きく分かれているので、
どちらが自分に向いているのかをよく考えた上で応募しなければいけません。

 

前者の業界としては、スマートフォン等の販売もしている通信事業者のショップや、賃貸物件の紹介をしている不動産会社の店舗が代表的です。
来店されたお客様に各種サービスを説明しつつ、希望条件をヒアリングして、新たに契約してもらうのが狙いとなります。
営業は、契約に伴って発生する手続きや、関係者への交渉も業務に含まれるので、迅速な事務手続きと交渉スキルも求められます。

 

いっぽう、後者の企業間取引の営業活動では、原則的に同業他社から乗り換えてもらうか、
取引量を増やしてもらう形になるので、他社よりも優れている点のアピールや、
購入を決定する人間と直接会って話をするなどのテクニックが必要です。

 

お互いにビジネスマンだから、社会人としてのマナーを守った上での話し合いになりますが、
タイミングと営業方法によってはなかなか契約が取れないケースもあります。
転職サイトに掲載されている求人を見ると、どのような働き方になるのかが具体的に分かるので、
色々な求人を比較してみましょう。

 

たとえば、未経験でも可の営業職の求人として、
ルート営業だから安心といった記述があれば、既に取引がある企業を相手にするのが仕事になります。

 

逆に、新規契約をどんどん取っていくという表現であれば、
まだ取引がない企業へ飛び込み営業をして、1件でも多くの契約を獲得していくスタイルの可能性が高いです。

 

 

どちらを良しとするのかは人それぞれですが、転職後にイメージしていた仕事と違っていたら大変なので
自分が目指している営業の仕事ができるのかどうかをよく確認しておきましょう。
未経験で営業の仕事にチャレンジするメリットとしては、営業職の経験は基本的にどの業界でも通用するスキルだから、
自分の実力に見合った待遇や、それを用意してくれる新しい職場へ移りやすい点を挙げられます。

 

営業職は自分の行動によって売上が発生するのでやりがいが大きく、
取引先への挨拶や、商談による外回りによって、常に変化がある毎日にもなります。
将来的にどのルートに進むにしても、営業の経験は高く評価される傾向にあるので、とても有利です。
また業界や会社によって、営業職は未経験でも高額な報酬を得れる可能性のある仕事です。
未経験でも高年収を得たい人にチャンスのある職種です。

 

営業は会社の運営としての出発点になる部署だから、営業経験を積むことで、
そのまま腕利きの営業マンを目指す道だけではなく、他の専門分野へ入るためのキッカケにもなります。
営業としての商品の受発注や、納入先などへの交渉といったノウハウは、
どの会社であっても普遍的に必要としている部分です。

 

 

営業職として未経験であっても、自分が希望する業界へ転職しやすいから、
まず転職サイトに登録して、どのような求人があるのかをチェックしてみましょう。

 

早めに行動を開始することで、自分が本当にやりたい仕事の発見や、
これまでの実務経験を職務経歴書として作成するなどの準備をするだけの時間を得られます。
特に営業未経験の人は職務経歴書や志望理由などの書類の内容に困る可能性もあるので、早めの準備が必要です。
求人が出やすい時期に差し掛かる前に準備を整えておけば、他の希望者よりも早く求人に応募できます。